NPO(非営利団体)朋遊館:那須塩原市にある社会福祉と社会教育の啓発普及事業を行うNPO

麻雀(マージャン)・音楽・七宝焼事業・ボランティア活動支援・生活支援等

今回はモンゴルの伝統楽器馬頭琴

2009-11-06


7th FFG
FFG2

今回はモンゴルの伝統楽器馬頭琴

FFG3演奏はライ・ハスロー氏
(プロフィール)中国内モンゴル出身
黒龍省ハルビンの芸術学院卒業、全国民族楽器コンクールで第1位、1991 年,馬頭琴奏者としては初めて文化芸術賞を授与され、1995 年、中国国家一級演奏家の称号を授与された。来日9年目です。

 

 

 



”ターナル センベーノ”(皆さん、こんにちわ)

から始まった会話、おぉ~日本語と語順が同じだ。
  日本人のルーツは言葉でも感じることができるが赤ちゃん時の青い尻「蒙古斑」でも視認できる。我々の祖先との対面だ。遠くは西欧の国ハンガリーまで及ぶ。
  馬頭琴とは、指の使い方にその最大の特徴が見られる。馬の尻尾の髪50本を束ねてできている弦をツメで横から押さえるというやり方(ギターとは全く異なる)に驚きを覚えた。
  演奏は広大な大草原を想いしのべる長調で構成されていた。楽しかったのは曲目「競馬」。パカラッ!、パカラッ!、と馬が駆ける音から始まりテンポ良く曲が進行、最後はヒヒーン!と馬のいななきで終える。そんな音が、この馬頭琴から弾かれるのだ。
  ほんの4曲だったが、わざわざUFGゴルフコンペのアフターゴルフ(余興)のために、かけつけてくれました。本当に有難いことです。Thank  you  です。

FFG4そんな中でも唯一、残念だったのは、皆さんにモンゴル独特の発声法”ホーミー”なるものをご披露、ご紹介できなかったことです。
 ホーミーとは、人間の声だけで、2声または3声を同時に発声する唱法のことです。ドローン(原音となる低音部の声)と倍音(高音部のメロディー)を同時に発声します。ホーミーの発声法は5種類あると言われていますが、つい、つい、うっかりしてしまって紹介を忘れてしまったのです。<スミマセン>

 ハスローさんは那須は初めて、ゴルフ場も初めて、だったそうで、しかし、大変、喜んでくれていました。
  この次は、ゴルフコンペにも参加してくれると良い
ですね。そうすれば、もっと国際交流が深まります。

 

 



女優『新藤恵美』さん、UFGコンペ初陣!

FFGゲスト左の写真は湯田もよく知っている写真、目がとても特徴的。右は今日の写真、薄いサングラスに阻まれて詳細に観察は出来なかったが、本人です。このたび、地域住民となりました。宮町でスナックを経営するそうです。メンバーの中高年層大喜び!!若者ポカーン!印象的な反応でした。
アフターゴルフは飲みに行きましょう!ボトルキープ!!